リースバックとは?リースバックについて徹底解説!

MENU

リースバックの一括見積なら

リースバックと賃貸について

リースバックで自宅を売却後、資金が貯まれば再び自宅を買い戻すことも可能です。

 

では、実際にリースバックで自宅を売却したのちは、どのような賃貸契約を結ぶことになるのでしょうか?

 

まず、売却した家で賃貸物件として住み続ける場合は、一般的には通常の賃貸物件等同様2〜3年の契約期間を設けます。

 

リースバックの場合は長期で住み続けることが目的の場合が多いので、ほとんどの場合契約満了後に更新を借主の意思で更新ができるような契約内容にしてあります。

 

一方で、2年以内の契約期間でかつ更新を前提としない「定期賃貸借契約」という賃貸借契約も存在します。

 

つまりこの場合には、売却後に長く住み続けたいと思っても、残念ながらそうはできない可能性が高いのです。

 

もし双方が合意の上であれば、再契約することで賃貸借契約を継続することも可能ですが、貸主が再契約を拒むことができます。

 

これは、将来的に物件を第三者へ売却することを目的としてリースバックで物件を買取している不動産会社もいるためです。

 

もしリースバックで自宅を売却後、長期にわたって住み続けたいとお考えの方は、借主の意思で更新ができるような契約内容にしておくことが必要です。

 

もしこの条件を契約書に盛り込んでおかないと、2年経って契約が満了したタイミングで更新ができずに自宅を追い出される可能性もあります。

 

不動産会社によっては、契約の段階で賃貸契約の更新ができるような内容の条項を契約書に盛り込んでいるところもあるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

また、賃貸契約中であっても、いつでも自宅を買い戻すこともできます。

 

ただし、他の家に引越しをして賃貸契約を解除した場合や、家賃を滞納してしまった場合には契約の更新や買い戻しの権利を失うため、くれぐれも注意してください。